人気ブログランキング |
木工旋盤は面白い

木工旋盤を使い始めたのは10年くらい前、茶入の蓋を作るためだった。
小さい蓋なので木工旋盤も小型のもの。
その後、食器や棗を削るようになり、旋盤は少し大きくなった。

旋盤での物作りは面白い。
中でも棗の削りが一番好きだ。
きっちりした蓋と実のかみ合わせ、バランスの良い軽さ、良いかたち。
これらを満足するよう削るには難しい。
しっかり気構えてミスなく削ることが必要で、この緊張が良いんですよね。

先日作った平棗に続いて、又、同じ黒柿の杵から取った棗を削り始めた。
今度は4個中、一番小さいもの。
直径65mmくらい、中棗と小棗の中間くらいの大きさにする。

a0240985_08082788.jpg
チャックは2つ
ブレをなくすため最後まで離さない















by yoshihiko1520 | 2017-02-19 08:25 | 木工 | Comments(0)
<< 茶碗の緒 網袋教室2日目 >>