人気ブログランキング |
カテゴリ:未分類( 25 )
2度目の金継教室
昨日は
での金継教室。
先週に続いて2度目です。
今回は3名。
ここでは「金継倶楽部」と銘打って楽しみながらやりましょう、ということのようですね。
作業は順調、皆さん何点か持ち込んで手際よく補修されてました。

これで今回の「金継倶楽部」は一旦終了。
次回は来年、希望者が出たら実施されるようです。
次は本金の使用も考えてみたいですね。

a0240985_06510869.jpg


















a0240985_06514361.jpg


















a0240985_06515599.jpg


















a0240985_06515323.jpg

















by yoshihiko1520 | 2016-10-26 07:10 | Comments(0)
タルトの型
タルトを作りたい。
これが作れたらちょっとはケーキ作りの巾が広がるかも。
ということで型を手に入れました。
でも、まだ生地の作り方もわからない。
これを使うのはもう少し先ですね。

なら、市販のタルト生地で、先日パンの材料を購入した時、一緒に頼んでみました。
クッキートルテって書いてあります。
トルテって何?
タルト、トルテ、なんだかややこしい。

a0240985_07024472.jpg
タルト型とおもり















a0240985_07025365.jpg
市販のタルト生地














by yoshihiko1520 | 2016-10-21 07:11 | Comments(0)
割れた木皿、埋めるのは別色の木で
割れてしまった木皿の修理、しばらく置いたままになっていたが再開。
埋めるのは同じ木ではなくて、別色にすることにした。

割れたところを真っ直ぐに削りなおして別の木をあてる。
ピッタリ合うよう少しづつ削るのだが結構難しい。

a0240985_07041896.jpg
隙間なく会うまでもう少しです


















by yoshihiko1520 | 2015-06-06 07:10 | Comments(0)
裁縫コテとベビーアイロン
ネットオークションでGETした裁縫コテが送られてきた。
300円と安かったので入れると落ちた。
だけど送料400円それに振り込み料53円、計753円。
来たものは思ったより綺麗で手入れ無しで使えそう、まずまずですね。

仕覆を作るのに便利なミニアイロン、2つ持っているが教室で皆さん同時にアイロンを使うと足りない。
追加したいけどパナソニックのミニアイロンは最近見つからない。
もともと小さいのに高かったので売れないのかもですね。

ミニアイロンが駄目なら裁縫コテ、というわけで手に入れたしだい。
あと1,2個欲しいなー、誰か譲ってくれないかなー。
a0240985_07040801.jpg
ナショナルの古い裁縫コテ

台が付属してないから作らないといけませんね












a0240985_07041469.jpg
ミニアイロンと

奥も携帯用のミニアイロン
でも、使い勝手が悪く使えない












by yoshihiko1520 | 2015-05-16 07:25 | Comments(0)
削り上がった汁椀は6つ
小さな汁椀を作る用意をしてるのだけど、今、削り上がったものは6つ。
テスト製作の栗材がひとつ、樫材が5つだ。
樫は大きめと小さめの2種類あるが、小さめの方のひとつはちょっと形が合っていない。
なので使えるのは全部で5個。

中削りした栗材十数個はアク出しで水没中。
これで又狂いが出るかもしれないし、全部使えるとは限らないから十分な数ではないね。

もうちょっと用意したいけど材料が無い。
さがさないと。

a0240985_08192021.jpg
左下が栗材

他は樫
まだ塗装はできていない

右上はちょっと形が違っている






by yoshihiko1520 | 2015-02-14 08:28 | Comments(0)
残りのフラップホイールが送られてきた
昨日、残りのフラップホイールのサンドペーパーが送られてきた。

1日違いなのに2回に分けて送ってくるなんて。
銀行振り込みやカード決済なら問題ないけど、代引きだったので手数料の2重払い。
これは困るよね、モノタロウさん、改善して欲しいなー。

a0240985_742651.jpg
届いたフラップホイール

小さな3つはちょっと特殊なもの


a0240985_741879.jpg
底面も研磨できるようになっている

これなら棗や中次の内部も研磨できそう

購入したのは60mm、ちょっと大きいから
木鉢などで使って径が減らしてからですね

これ、値段も高いので色々揃えるには懐が痛い
by yoshihiko1520 | 2014-12-04 07:14 | Comments(0)
黒檀の大きな棗
黒檀の棗を削り始めた。

黒檀では今までで一番大きな木で大棗ができそう。

最後の高台削り、ここまでは順調だったけど、高台削りはてこずって時間がかかった。
やっぱり木製のチャックは強く締め付けできなくて、ちょっと力を入れただけで滑ってしまう。
少しづつ、慎重に削っていく。

これで良いかなと重さを測ってみると100gを超える。
もうちょっと軽くしたいなー。

もう一度削ってみよう。

a0240985_7575712.jpg
中はすでに削れてる

これから外側
この段階は金属ジョーなので削りも快適


a0240985_7581443.jpg
高台を削り中

木製ジョーになると滑るねー


a0240985_8231268.jpg
ほぼ削り終わって
w76 h80mm

まだちょっと重いので
明日、最終削りして仕上げるつもり
by yoshihiko1520 | 2014-07-10 08:24 | Comments(0)
仕覆製作のテキスト
黒柿棗の仕覆を作り始めた。

今回は詳細に写真を撮って仕覆製作のテキストを作ろうかなと思っている。

テキストには市販の本を使うこともできるが、計測製図の方法などは私流の部分も多くあり、
自分の写真を使ったテキストの方が良いかなーとも思えるので。
取敢えず写真を撮っておけば何かの役に立つでしょう。

しかしー

a0240985_7361199.jpg
作業中の写真を一人で撮るのは難しい

一眼レフよりコンパクトの方が撮りやすいかもしれませんね


a0240985_736663.jpg
ノギスで直径を測る


a0240985_7365178.jpg
製図の終わったところ
by yoshihiko1520 | 2014-07-05 07:48 | Comments(0)
棗の仕覆が続きます
出来上がった棗、気にいったものから順に仕覆を付けています。

小棗は仕覆を付けておくと濃茶にも使えるということですが、丁度私と作っているのは小棗が多い。
中棗を作るには70mm角以上の良い木が必要なんだけど、それが難しくて小棗が多くなるのです。

今回作っているのも半分以上は小棗。
出来るだけ仕覆を付けてやりたいなー と思ってます。
自分で作ったものは愛着がありますからねー。

a0240985_7253811.jpg
エンジュの小棗

ちょっと派手な裏地になりました


a0240985_7254583.jpg
表は龍村の「一重蔓牡丹錦」
緒は茶色を用意した


a0240985_7254978.jpg
出来上がった黒柿中次の仕覆

これも龍村の申紋
by yoshihiko1520 | 2014-06-08 07:36 | Comments(0)
ツク棒を使っての塗装
「ツク棒」聞き慣れない言葉ですが、漆を塗る時に使う取手です。

器などに漆を塗る時、持つところが無いのでツク棒を貼りつけてそれを持ち、塗った後も置き台にして使います。

このツク棒、数ヶ月前、木工旋盤の師匠でもある友人から沢山頂きました。
けど、使う機会がなく今まで置いたまま。
やっと水指の蓋を塗るので使います。

a0240985_6343951.jpg
頂いたツク棒とセット用の台

ほんとはもっと沢山、色々な大きさを頂いてます


a0240985_6343488.jpg
先はこんなふうになってて樹脂が貼りつけてある

これをアイロンなどで温めて柔らかくし器に貼りつける


a0240985_634314.jpg
水指の蓋に貼りつけたところ

左は乾かす時の台です


a0240985_6342864.jpg
台にセットすると

これで塗ったところを触ることなく綺麗に塗装できます

さー、これから塗装
これだけでうまくいくような気分になりますね
by yoshihiko1520 | 2014-05-23 06:46 | Comments(0)