<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
木工機械は危険がいっぱい
バンドソーで木材をカットしてるとき、木が刎ねて指先を切ってしまった。
ちょっと不安定で危ないなー とは思ってたけど、こんなときはもっとしっかりした保持対策をしなきゃと反省。
しばらく木工休憩です。

a0240985_7312817.jpg
この材料が跳ね返り指にあたった

木工旋盤にかける前に
ある程度丸く切っておかないといけない
不安定にならないよう保持の対策しなくては


a0240985_7313250.jpg
幸い、骨に異常はなかった

しかし、指の骨って、綺麗な曲線してますねー
何か物作りの参考にしよう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-20 07:40 | 木工 | Comments(0)
携帯用正座椅子の試作
お茶の席での正座、長時間でつらいものがあります。
特に年取った方には大変。
そこで利用されるのが正座用の椅子、低い台をお尻にあてて使います。

これを作ってみないかと云われ試作することにしました。
1台目は松材で、ちょっと重い。
茶席に携帯するので軽ければ軽いほど良いのです。
何人かに使ってみてもらったところ、人により高さがまちまち。
特に男と女で高さがたいぶ変わります。

これを考慮して2台目は桐で。
高さを低くしたこともあり重さは随分軽くなりました。
しかし、高さについてはもっと低い方が良いという人も多く、更に検討が必要。

最終、どんな寸法で落ち着くのでしょうかね?

a0240985_7435474.jpg
2台目桐製

分解したところ


a0240985_7435623.jpg
携帯用にしまったところ

使用状態にした写真撮り忘れた
T字型に組立使用します
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-19 07:58 | 茶道 | Comments(0)
ウォールナット 次のウッドボウル
2個目のウッドボウルにかかろうと木材をチェックしたら、、、ヒビだらけ。

1個目の材料にもヒビはあったがこれほど大きくなかった。
これではかなり小さく浅い皿状のものしか作れないかも。

この製材をするのに一番の問題は切断。
我が社のバンドソーは相当旧型(どかの木工所が閉鎖でもらってきたもの)でずうたいでかいのに高さ180mmしか切れない。
この材料、それより大きいから1回で切断、というわけにはいかないのですよね。
最後は手で切るしかないかなー、しんどい。

a0240985_7432482.jpg
かなり大きく見えるけど、割れを除くと、、、


a0240985_7432675.jpg
一番使い勝手の良い所に入った割れ
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-18 07:45 | 木工 | Comments(0)
ウオールナット ウッドボウルの完成
直径19cmの鉢が完成した。この大きさの旋盤加工は始めて。

私の木工旋盤暦、茶入の蓋に使う木蓋や象牙の蓋を作るためだったので、すごく小さな物から始まっている。
直径はわずか3から5cm、その後棗も作るようになったが、これも7cm前後。
昨年、木皿を作るようになり比較的大きなものも削るようになった。
小物と大きな物では使う道具が全く違う。
大きな物を削る道具で小さな物は削れない。逆に小さな物を削る道具でも大きな物は削れない。
皿と鉢でも道具は変わる。
ボウルの中を深くえぐるには、刃物を受けるレストにも工夫がいる。
色々工夫しながら出来上がっていく作品たち、この製作過程、色々考えながら作るのは楽しい作業だ。

さて、このウッドボウル、フィンユールのデザイン模倣から製作は始まった。
最初、元の大きさが解からなかったが、調べていくうち、大きなものは直径60cmであることが解かった。
すごい大きさ。小さなものもあるようで、最近製作されてるコピーは15cmくらい。
出来たら25cm前後の鉢が欲しいが、これだけ大きな良い材種の無垢材を見つけるのは難しい。
幸い、ウォールナットのストックが有ったので使うことに。
未乾燥でヒビだらけ、この大きさを取るのが精一杯、それも1個しか取れなかった。

デザインは全くの模倣ではない。口縁を2ヶ所切り歪ませるのは似せてるが口の仕上げは全く違う。
でも、オリジナルのデザインは良いね。

今の材料、もっと浅くて小さな物ならあといくつか作れそう。
そのうち、又作るつもりだ。材料が手に入ったら大きなものも。

a0240985_7335324.jpga0240985_7335620.jpga0240985_734145.jpga0240985_734556.jpga0240985_734719.jpga0240985_7341478.jpg


a0240985_7342769.jpg
製作途中、失敗して底が割れた
高さに余裕があったので問題なかったけど、吹っ飛んだときはすごい音
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-17 07:35 | 木工 | Comments(0)
二組の木製サラダサーバー
毎日のサラダ作り続行中。

皿や鉢に大盛りしたサラダ、取り分けるサーバーはやはり木製が良い。
すでに一組作試作していたが日常使いの鉢にはちょっと大きい。
で、もう一組、少し小さめを作ることにした。

一組は前作を見た人が欲しいと言われたのでその人に。
二組見せて選んでもらおう。さて、どちらが選ばれるか?

a0240985_7472456.jpg
左:前作

右;今回作  まだ完成ではない
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-16 07:45 | 木工 | Comments(0)
iPhone4sのカメラ HDR
iPhone5が発表になりましたね。

私の使ってるのはiPhone4s、画面が小さいのが縦に長くなり、速度も2倍、電池の持ちも少し良くなったよう。
魅力ありますねー。 でも後1年経たないと交換できない。

iPhoneのカメラ、なかなか良くて愛用してます。どうやらソニーの画像素子が使われてるようですが、
画像処理も良いのでしょう。
この中にHDRというのがあります。
HDR(ハイ ダイナミック レンジ)、1回のシャッターで3枚の写真を撮り、カメラ内で合成してダイナミックレンジを広げるという機能。

確かに良いときもあるのだけど、これをONにすると合成にちょっと待たされる。これが欠点。
iPhone5では処理速度が倍になったようなので、この時間も短くなり常用できるようになるかもしれませんね。

a0240985_823663.jpg
製作中の仕覆

NDR off


a0240985_823486.jpg
NDR on
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-15 08:16 | 写真 | Comments(0)
無農薬の野菜を頂いた
水曜夕方、金谷さんご夫婦が来社。
このとき、工房で取れた無農薬の野菜を届けてくださいました。

尼崎で造形教室をされており、ご主人は木工、奥さんが陶芸の工房を京都府和知に持っておられる。
工房は山の中だけどとても良い設備と環境、回りで野菜や実のなる木を栽培してるが、
すぐに鹿に食べられてしまうらしい。

奥さんは料理も上手、いちじくのジャムも頂いた。
イチジクジャム、食べるのは初めて、食べてみると別に何か加えられてるような感じ。
そのまま食べると濃厚だけど、パンにつけるとあっさりしてる。

金谷さん、美味しいものの数々、ありがとうございました。

a0240985_7252652.jpg
頂いた野菜とジャム
ゴウヤ、黄色いミニトマト、ミョウガ、スダチ


a0240985_7251331.jpg
早速、昨夜の夕食で

トマトはサラダに
チーズとバジルの下に隠れて見えないです


a0240985_7252267.jpg
ゴウヤとツナの炒め物
ミョウガをたっぷり乗せて

ゴウヤ、炒めてる時味見すると、苦い
慌てて蜂蜜加えていたらクタクタになってしまった
これは駄目かと思ったがミョウガを加えると
すごい、美味しい、苦味が消える
又、作ろう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-14 07:41 | 料理 | Comments(0)
作品展用の茶入と仕覆
10月末の陶写苦楽無グループ展、出品できる作品調べてみたらあまり無い。
2,3点、決めてる物ははるけど、もう少し必要。

昨年の滴翠美術館作品展が終わって、気が抜けたからかなー。
急いで手持茶入の中から適当なのを選び仕覆を作ることにした。

a0240985_744346.jpg
茶入
Jone Dixさん大上窯焼成

表地と裏地


a0240985_744744.jpg
表裂
龍村美術織物  利休梅
良く使われる裂なので左右色変わりで
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-13 07:42 | 仕覆 | Comments(0)
ウオールナットのウッドボウル
ウッドボウルを作ってます。直径20cm、主にサラダ用かな?

きっかけは弘屋のオーナーシェフ菅沼さんが、「こんなの作ったら」とfacebookで云われたので。

フィン ユール氏、有名な椅子のデザイナーのようですね。
菅沼さん持ってるのかなー?
彼のウッドボウルもすごく魅了的、で、参考にさせてもい、ひとつやってみることに。

材料は手持ちで最大のアメリカンブラックウオールナット。
合板に貼る突板を取った残り材で未乾燥、ひび割れあり、大きさも直径20cmがかろうじて取れる。
私の木工旋盤も大型のボウルを作るには力不足で、これより少し大きなのが出来る程度。
試しに作るには良い大きさかもしれません。

だけど、形はオリジナルとは似ても似つかぬものになりそう。

a0240985_7483950.jpg
木工旋盤で荒削り


a0240985_7484455.jpg
未乾燥材なので電子レンジで乾燥を繰り返す


a0240985_7484638.jpg
3分程度の電子レンジで20gくらい軽くなる
1日に4-5回、随分軽くなってきた

目方が減らなくなったら乾燥完了、仕上げにかかkる

さて、最終、どんな形になるのでしょう?
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-12 08:08 | 木工 | Comments(0)
サンドブラスト硝子茶入の仕覆が完成
土屋伊佐子さんの硝子茶入、仕覆が完成した。
丁度350個目だが、網袋や茶箱など個数に入れてないものもあるので実際はもう少し多い。
最近製作ペースは落ちてるけど、我ながら良く作ったものだ。
性格、仕覆製作に向いてるのだろうか?

a0240985_865330.jpg
今回は珍しく、表、裏、緒共に渋い色で


a0240985_865581.jpg
中身の茶入
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-11 08:05 | 仕覆 | Comments(2)