人気ブログランキング |
<   2012年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧
わんぱくたまごとコンテチーズ
昨日は月一度の仕覆教室の日。
始まる前、料理家平山由香さんから嬉しいものを頂いた。
山形のわんぱくたまごとフランスのコンテチーズ。
どちらも平山さんのブログに載せられていたので知ってはいたが、
見るのも、手にするのも、もちろん食べるのも初めて。

帰ってから、まずコンテチーズをつまんでみた。
おー、すごい、濃厚。
チーズのことはあまり良くわからないがぎっしり旨みが詰まってる。
これ、どうやって食べるのが良いのだろう?
コンテチーズの里ポリニー・アルポワのタルティーヌではパンに乗せて焼くレシピが載せられいたが
頂いたのは12ヶ月熟生のもの。
ちょっともったいないのでコレはそのまま食べ、タルティーヌはもっと若いものを手にいれて作ることにしよう。
(ブログ見たら、下の いいね 押してあげてくださいね、facebookされてる方だけですが)

もう一つの山形わんぱくたまご
自然に飼育された鶏から生まれた卵、見たとき、卵かけご飯を連想した。
朝はパン、昼外食、夕食はおかずだけでご飯無しの日が続くこの頃、卵かけご飯は10年以上食べてない。
久しぶりに食べたいと思った。
今夜あたり、焚きたてご飯で頂きたいものである。

平山さん、特選の良いもの、ありがとうございました。

a0240985_7303535.jpg
卵はまだ未開封

コンテチーズ
写真を撮る前に端っこ味見にちぎってしまいました
味は濃厚、やっぱりワインと共にでしょうか
by yoshihiko1520 | 2012-11-12 08:06 | 料理 | Comments(0)
虫食い黒柿棗の制作 失敗
慎重に制作を続けていた虫食いの黒柿棗、致命的な失敗が。

蓋の上面を削る時、キャッチ(木工旋盤加工中に刃物が木材に食い込むこと)が起きて側の部分が飛んでしまった。
よく見ると一番虫食いの多い部分が欠けている。
割れた部分も見つからず修復は無理だろう。
これでこの材の加工は失敗で終了。

次はもっと気楽に作れる材料にしよう。

a0240985_8144243.jpg
割れてしまった虫食い部分

残った材料は置いておくことにする
いつかスキルが上がって割れた部分を補修する気になるかもしれないから


a0240985_8373910.jpg
新たに加工中の棗

あまり傷はなく1か所節の穴が
この程度なら前回よりはストレス無いだろう
by yoshihiko1520 | 2012-11-11 08:33 | 木工 | Comments(0)
栗の木の製材
甲陽園の山林に有った栗の木、造成の為か伐採され処分されることに。
近所に住むIさん姉妹から「何かに使えるのでは」と連絡が有った。
行ってみるとかなりの大木、それも2本ある。
貰えるかどうかわからないので、Iさんが「不要なら欲しい」と張り紙してくださった。
数日後電話がありいただけることに。
翌日行ってみると丁度他の木を伐採中でユンボーで積んでくれた。
おそらく3-500kgあり数人で積むのは無理の重さ、助かった。

持ち帰ったものの車から降ろすとフォークリフトでも無いと再度積み込みも出来ない。
取引先の木材問屋に製材所を紹介してもらい翌日南港の製材所に。
これだけ大きいと台車付の製材機でないと板にできない。
南港でもこのクラスの製材所は今は数社しか無いそうだ。
木材の輸入形態が原木から現地挽きに変わり大型製材機の出番がなくなったからだ。

製材は約1時間、さすがプロ、うまく割ってくれた。

a0240985_7161127.jpg
トラックに積み込んだ栗原木
直径最大60cm、長さ2.2m


a0240985_7162534.jpg
クレーンで下ろし台車にセット


a0240985_7165319.jpg
台車では爪で木材を固定
右にあるのが大型バンドソー
高さ60cmくらいまで挽ける
これより太い木材は更に大きな製材所でないと処理できない

台車が動いて木材を割っていく


a0240985_7171100.jpg
1/3くらい切ったところで木材を逆にし更に割る

手前に並んでる2枚が製材済みの板材


a0240985_7172027.jpg
板の厚みは60mmにした
かなり厚めだけど栗は乾燥中狂いが多いらし厚い方が無難ということで
最後に残ったのは100mmの板、これはボウルに使うつもり


a0240985_7172623.jpg
切り終えた栗材
腐りもほとんど無くなかなか良い材

製材が終わり十分使える材料だったのでほっとした
by yoshihiko1520 | 2012-11-10 07:44 | 木工 | Comments(0)
水指の蓋 2
昨日載せた水指の蓋、「うづくり」した後、下地塗装をおこなった。

塗料はカシューサフェーサー、塗ってからウエスで拭き取る。
次はカシュー黒で仕上塗装の後ツマミを付ける。


a0240985_7524674.jpg
「うづくり」すると桐の木目が浮き立ち綺麗


a0240985_7524449.jpg
裏面
by yoshihiko1520 | 2012-11-09 08:05 | 木工 | Comments(0)
水指の蓋
昨日書いた「今作ってるもの」、水指の蓋があるのを書き忘れてた。

預かってる水指は2つ。
大きな平水指と備前一重口の水指。
どちらも桐材で作るつもり。
写真は備前水指の蓋。

a0240985_7205447.jpg
桐は「うづくり」してカシュー黒塗装の予定
ツマミは黒檀

後ろにあるのが「うづくり」の棒
カルカヤの根を束ねたもの
これで木の表面を擦って目を浮き出させる
by yoshihiko1520 | 2012-11-08 07:28 | 木工 | Comments(0)
今やってること 木工編
最近の木工、どれが急ぐということもないので、気が向くままに色々やってる。

棗は
虫食いだらけの黒柿
割れてしまったスネークウッド
この2つは補修しながらになるのでかなり時間がかかる。
他に黒柿の良い材料のものを一つ。
これは失敗は許されない、じっくり良いものに仕上げたい。

お皿や鉢は
寄木の鉢、4個目の材料を用意。合間をみて今度は違った形に削ってみたい。
北新地のワインバーで使う木皿は形もほぼ決まって試作も最終段階に。

カトラリーは
サラダサーバーを何組か聞いてるけどそのままかかれずにいる。
トングにしてみては という人もいたなー。

こうして書き出してみると結構色んなものに手を出し平行製作している。
この方が気がまぎれて良いんだけどなかなか出来上がってはこない。
さて、一品集中とどちらが良いのだか?

a0240985_818897.jpg
製作中の黒柿良材の棗
この4個を組み合わせて作る
良いものにあがって欲しいなー
by yoshihiko1520 | 2012-11-07 08:30 | 木工 | Comments(0)
割れたスネークウッドの棗 再接着を試みる
以前紹介したスネークウッドの棗の蓋が割れた件、なんとか使えないかと接着してみた。

接着剤は水性イソシアネート2液性接着剤。
スネークウッドは硬くあまり接着性は良く無さそう。
はずれ防止に補強に銀か絹糸を併用するつもり。

a0240985_7405621.jpg
割れた蓋


a0240985_740456.jpg
接着剤を付けクランプでプレス


a0240985_7405352.jpg
一夜あけた蓋
さて、うまく加工を続けられるか?
こーいうトラブルも解決方法見つけるの、楽しみではありますね
by yoshihiko1520 | 2012-11-06 07:51 | 木工 | Comments(0)
寄木のウッドボウルを削ってみる 5
仕上がったウッドボウルを3個重ねてみる。

丁度うまい具合に入れ子になった。
一番大きなので直径245mm、やっぱりこれが一番使い易そう。
寄木の材料やデザインを少しづつ変えながらもう少し作ってみよう。

a0240985_12501383.jpg
by yoshihiko1520 | 2012-11-05 12:51 | 木工 | Comments(0)
寄木のウッドボウルを削ってみる 4
ウッドボウル、2度目の塗装を施した。

木固めエース、1回目はかなり染込むが、2度目になるとそれほど浸透しない。
今回、塗った後の拭き取が不十分だったのか、今朝見ると表面に塗料が残っている。
染込んだ後、余分な塗料が噴出してきたのかもしれないが、こうなるともう一度表面の塗料を研磨せねばならず手間がかかる。

心配していたカリンからの色の染み出し。
少しブナ材を着色した程度でかえって良い色になった。
もう少し研磨した後、オイルを拭いて完成とする。

a0240985_819663.jpg
2度目の塗装をしたウッドボウル


a0240985_8191091.jpg
前作のブナボウルとの色の違い
この写真ではわかり難いが寄木の方が明るい色で良い感じ
by yoshihiko1520 | 2012-11-05 08:21 | 木工 | Comments(0)
祝日、パンを焼いた
久しぶりにパンを焼いた、いつものホームベーカリーですが。

以前は週に2回、ずーとパンを焼いていたが、夜親父の部屋で寝るようになって時間が合わずパンは市販品に。
でも日曜など休みの日には焼けない事はないのですよね。
それで、昨日try。

入れたのは最近の定番、
粉は北海道産はるゆたか、全粒粉、ライ麦粉MIX、クルミ、レーズン入り。
バターの代わりにオリーブオイル、この方がヘルシーかなと思って。
パネトーネ酵母が美味しいと聞きドライイーストから変更。
焼きあがり外観はすごく綺麗。
味は???? わからない、前のと違いあまりわからないです。私には。

a0240985_8165817.jpg


a0240985_817087.jpg
by yoshihiko1520 | 2012-11-04 08:18 | 料理 | Comments(0)