人気ブログランキング |
<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
糸の整理はもうちょっと
毎日ちょっとづつ巻き換えてる組紐用の絹糸。
だいぶ進んで残り僅かになりました。

管は初め70mmだったのが45mmに、コンパクトになった分保管場所もだいぶ節約できます。

あと少し、来週中には完了したいですね。

a0240985_07040566.jpg
これで50色以上

でも、いつも使うのは同じ色ばかりで
そんなにはいらないのですが











a0240985_07040817.jpg
残りはこれだけ

はやく終わらせたい












by yoshihiko1520 | 2015-03-21 07:13 | 仕覆 | Comments(0)
栃の椀
ミズメと一緒に仕入れた栃の荒挽き材。
1個をテスト挽きした。

トチは比重0.53(ミズメは0.7)、ミズメより軽くて柔らかい。
でも、キメは細かくスルスルと綺麗に削れる。
ただ柔らかい分、小口のえぐれが大きいね。

ある程度形を整えたところで浸透性プレポリマーで下地処理する。
高台部分を液に浸すとは内側まで浸透する、かなり染み込みます。
全体をしっかり染み込ませて乾燥。
再削りすると、えぐれが少なくなり綺麗に削れた。
ペーパーのかかりも良い。

出来上がりはミズメと変わらない滑らかさ。
とても軽くてなかなか良いです。

使用テスト中のミズメ椀は汚れも入らずかなり良い感じとか。
さて、このトチ椀はどうなんでしょうね。

a0240985_07061462.jpg出来上がったトチ椀

ちょっと小さめ















a0240985_07062047.jpg

















a0240985_07061715.jpg
内部
















by yoshihiko1520 | 2015-03-20 07:31 | 木工 | Comments(0)
スネークウッドを買わないか と変なメールが来た
スネークウッドは生産量も少なく世界で最も高価な木材と言われている。
以前この木で棗を作ったことがある。ブログ右上の写真がそれ。

今週初め、変な日本語のメールが入った。
翻訳ソフトを使ったらしく、滅茶苦茶な日本語。
でも、云わんとすることは解る。

要約すると
あなたのブログを見ました。
私は3種類のスネークウッドを持っている、原木、半割り、カット品。
連絡くれたら金額を提示するからメールください。

写真もいっぱい添付されている。

出された国はわからないけど南米なんでしょう。
ということはこのブログ南米でも見られているのか?

だけど、この取引、いったいどうやってやるのでしょうね?
興味はあるけど手が出せないですね。


a0240985_07212302.jpg
伐採現場のようだ

こんな写真滅多に見れないから興味あるね



















a0240985_07212075.jpg
こうやって運び出すのかな

まさか後の木が全部スネークウッドじゃないですよね?













a0240985_07211074.jpg
太い原木

1本欲しいなー
いくらするのだろう?












a0240985_07210624.jpg
半割りかな

良い模様が出ている













by yoshihiko1520 | 2015-03-19 07:30 | 木工 | Comments(0)
糸巻き器の電動化
糸巻き器を使って紙管への糸の巻き取り、次は電動化です。

ハンドルを回して巻き取るの結構疲れるのですよね。
なので電気ドリルでハンドルを回そうというわけ。

実はこれ前からやってたのですが、取り付けたソケットレンチの軸がちょっとずれてて、回した時ブレが出てたのです。
で、一度取り外して軸を合わせて接着。

うまく行きました。
高速で回してもブレません。
これで巻き取りは随分楽になります。

今、巻き換えた管は40弱、まだ結構残っている。
さー、紙管どんどん作って全部巻き換えてしまいましょうかね。


a0240985_07451322.jpg

取り付けたソケットレンチの頭













a0240985_07451503.jpg

電動ドリルを刺し込んで回します














by yoshihiko1520 | 2015-03-18 07:47 | 仕覆 | Comments(0)
糸巻き器の改造
絹糸をカセから管に巻き換えるとき使う糸巻き器、随分古いのを使っている。
結婚した時、家内が持ってきたものだ。
プラスチックが多用されてるけど、もう40年以上になるのに結構頑丈。
この頃のプラスチックって劣化して割れたりしないのだろうか?
最近のはすぐにもろくなったりするのに不思議。

だけど、毛糸の巻き取り用のようで、紙管を刺しても安定が悪くぶれてしまう。
そこで紙管専用に改造することにした。

結果はめっちゃ良くなった。
こんな改造が出来るのも木工旋盤が使えるから。
やっぱり何でもやっておくものですねー。

a0240985_06270178.jpg

いままではこんなふうに筒がセットされていた

でも不安定でブレるのです











a0240985_06265689.jpg

筒を取り外して













a0240985_06270817.jpg
木に換える

先は2種類の紙管が入る径に












a0240985_06274832.jpg

糸を巻いてみると

全くブレることなく巻き取れる

なかなか良いです


次は電動で巻き取れるように改造の予定






by yoshihiko1520 | 2015-03-17 06:50 | 仕覆 | Comments(0)
緒を付けたよ
預かってた茶入の仕覆、緒の取り替え完了。

何色にするか悩んだけど、元の色に近い金茶で。

表裂はかなり弱っていたので緒もつがり糸も細めとしました。

a0240985_06500087.jpg

用意した緒とつがり糸













a0240985_06495738.jpg

完成です













by yoshihiko1520 | 2015-03-16 07:00 | 仕覆 | Comments(0)
絹糸の整理が続く
仕覆の緒に使う絹糸、扱いやすくするための整備が続いてます。

今まではひとつの管に2色を巻いてたけど、これはやっぱり扱いにくい。
側をしっかりした板に変え1色づつ巻けるようにした管に巻き換える、やっと30ほど完了した。
でも、まだ随分残ってるからこの作業は続きます。

巻き換えには電気ドリルで回せるからもっと細い管でもいけそう。
その方が場所取らないから良いかもね。
次は管を変えるかな?

a0240985_06514093.jpg
巻き換えの終わった絹糸

整理、片付け下手の私
こんなに時間をかけるのは珍しいね
いいことかな?











a0240985_06514366.jpg
こちら未整理の糸

整理が続きます

まだ先は長い










by yoshihiko1520 | 2015-03-15 07:06 | 仕覆 | Comments(0)
滴翠美術館の仕覆教室、2回目が始まります
雨ですね、昼からあがってくれないかなー。

今日から滴翠美術館での仕覆教室、2回目が始まります。
毎月1回6ヶ月で仕覆を完成するのです。
1回目は5人だったけど、今日は前回の人も何人か来てくれて全部で8人らしい。
初日が採寸と型紙作りと難題なので皆さんに十分対応できるか心配、でも頑張ります。

さー、持って行くもの準備しなくては。

a0240985_07340485.jpg
裁縫道具
表裂に裏地
テキスト
etc,,,

結構荷物があります









by yoshihiko1520 | 2015-03-14 07:44 | 仕覆 | Comments(0)
再開2回目のホームベーカリーパン
パン焼きの再開2回目。

ベースはいつもの国産小麦粉 春よ恋+ライ麦全粒粉 だけど、
静岡のKさんから頂いたマーマレードを入れた。
ジャムを入れたのは初めてで、どんな焼きあがりになるのか心配だったけど、焼けてくるとすごく良い香りが漂う。

夜の出来上がりは外カチカチでまっ黒け。
そのまま朝まで放置して薄ーく切ってしっかり焼くと、、、

うーーん、良いわ。
硬いパンが好みのわたし仕様。
カリカリで噛むと音がする。
ミカン味でほんのり甘いのもいいね。
気にいりました、又焼きます。

a0240985_06422134.jpg
薄く切ったパン

by yoshihiko1520 | 2015-03-13 06:55 | 料理 | Comments(0)
栗の椀、再仕上
栗の汁椀がなかなか仕上がりません。

使ってみると、ちょっと持ちにくかったり、肌が荒れてザラザラしたりで修正の繰り返しです。

でも、やっと最終になりました。

しっかり再塗装して丁寧に磨き込む。

これでかなり強くなったはず。

材料も無くなり一応完成ということで、次はミズメの椀に移ります。

a0240985_07542036.jpg

再仕上した栗椀

















by yoshihiko1520 | 2015-03-12 08:00 | 木工 | Comments(0)