<   2018年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
綿入れ完了
興福寺銀欄の仕覆、綿入れ完了。
緒の準備にかかります。
何色にしようかな?

a0240985_10151257.jpg















[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-17 10:17 | 仕覆 | Comments(0)
仕覆教室4日目
土曜日の仕覆教室、4日目で綿入れでした。
今回珍しくお二人の男子が参加。
けど、明暗が。
お一人はグングン吸収して、2個目の仕覆にも取り掛かり。
それもバッチリなんです。
で、もう一人は悪戦苦闘、苦戦中です。
さて、脱出できるか?

a0240985_17403470.jpg















[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-16 17:45 | 仕覆 | Comments(0)
仕覆教室
今日は滴翠美術館の仕覆教室。
表と裏が縫い終わり合わせて綿入れにかかります。
丁度、表を縫い終わった仕覆があるので見本に持って行くつもり。
さー、皆さん、うまく出来てるかな?

a0240985_07502537.jpg














[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-15 07:50 | 仕覆 | Comments(0)
折れたミニサジ
傷んだミニサジが数本帰ってきた。
その中で一番細いのは柄が折れている。
やっぱり細すぎたんでしょうね。
没にしようかなと思ったけど、一度修理してみることに。
接着したところに絹糸を巻き補強。
黄色の糸を使ったんだけど、カシュー塗料を塗る目立たなくなってしまった。
黄色いままの方がアクセントになったんですけどね。

a0240985_08000332.jpg
















a0240985_07550147.jpg


折れたところ













a0240985_07550318.jpg
















[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-13 08:02 | 木工 | Comments(0)
立杭へ part4
立杭といえば陶芸、作陶体験が出来ました。
雅彦さんの窯では、今は作陶教室はしてないそうです。
今回特別にご指導いただきました。
皆さん思い思いに1kgの土を使います。
私は手びねりの茶碗と茶入を。
けど、時間が少ない、せめて半日欲しかった。
さて、どんなものが出来上がってくるのか?

a0240985_07414672.jpg














[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-11 07:42 | 陶芸 | Comments(0)
立杭へ part3
盛りだくさんだった立杭への遠足。
陶芸美術館で河井寛次郎展
市野雅彦氏窯元ツアー
お茶会
作陶
市野信水氏窯元ツアー
夜のケイタリングパーティ
いったいどれがメインだったのでしょうね。

お茶会は
雅彦さんのギャラリーで。
ここは板の間、なんと和紙を貼ってあるのです。
真理さんのお点前で美味しいお茶を頂く。
お菓子にシュトーレンが入ってたのも驚きでした。
お一人で全員分点ててくださいました。
すげー、お疲れさまでした。
もうひとつの驚き、使われた釜は信水さん作の陶器なんです。
説明されるまでわからなかった。

a0240985_07413876.jpg
















a0240985_07412244.jpg
















[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-10 08:00 | 陶芸 | Comments(0)
立杭へ part2
市野信水さんと市野雅彦さんはご兄弟、そっくりなんです。
お兄さんの信水さんは立杭の代表的な茶陶作家で、初代のお父さんを継がれた2代目。
雅彦さんはまた違った世界へ。
1995年に日本陶芸大賞を得た日本一の陶芸家、ユニークな作品が並びます。
今回、お二人の作品をいっぱい見れて、話しもたっぷり聞けました。
すぐご近所で、敷地は広大。
緩やかな自然林の中に何棟もの建物があります。
雅彦さんの建物は特にユニーク。
古いのか新しいのかわからん世界で、うまく説明出来ないけどすばらしい。
また行きたいですねー。

a0240985_08233448.jpg




昼と










a0240985_08240861.jpg
















a0240985_08421991.jpg


別棟から





















[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-09 08:43 | 陶芸 | Comments(0)
立杭へ

昨日の金曜、陶芸家市野信水さんと雅彦さんを訪ねて立杭へ。
以前から行こうと話が出てた念願かないました。
それにしても中身の濃い一日で、良いメンバーにも恵まれとてもとても良かった。
まずは後半夜5時半からのケイタリングパーティから紹介。
ご近所のスペイン料理シェフの美味しいディナーです。
部屋の隣はプロ仕様のキッチン、次々出されるこだわりの料理は斬新な雅彦さんの器に盛られて。
まさに驚きでした。
居心地良すぎて、帰宅したのは日が変わる直前でしたね。
お世話頂いた真理様、ご一緒頂いた皆様、雅彦様、信水様、ほんとありがとうございました。
昼の部は後程UPします。

まずは料理から

a0240985_10025462.jpg















a0240985_10050877.jpg
















a0240985_10024732.jpg
















a0240985_10024912.jpg
















a0240985_10025100.jpg
















a0240985_10025648.jpg
















a0240985_10025944.jpg
















a0240985_10030525.jpg
















a0240985_10030816.jpg
















a0240985_10031045.jpg
















a0240985_10031232.jpg
















a0240985_10031559.jpg
















a0240985_10032234.jpg
















a0240985_10032493.jpg
















a0240985_10032964.jpg
















a0240985_10033109.jpg
















a0240985_10033477.jpg
















a0240985_10033702.jpg
















a0240985_10033941.jpg















[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-08 09:59 | 陶芸 | Comments(0)
仕覆の裏
仕覆の裏を縫い終わり。
茶入を入れてみるとピッタリで問題無し。
次は表。
興福寺銀欄、宝珠のかたちに鳳凰紋とある。
なので裂の向きはこれで良さそう。

a0240985_07205723.jpg














[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-07 07:26 | 仕覆 | Comments(0)
ジャムスプーンも塗装
ジャムスプーン8本、塗装しました。
オリジナルより柄を少し太めに。
これならバターナイフとしても使えるのではないかと。
カチカチのは駄目かもしれませんけどね。

a0240985_16250012.jpg
















[PR]
by yoshihiko1520 | 2018-12-06 16:28 | 木工 | Comments(0)