棗加工用 木製ジョー
品物を傷つけず、ソフトに保持出来る木製ジョーを作った。
通常のジョーは金属なのでしっかり固定できるが傷が付くのだ。

棗を製作するとき一番困るのは棗本体の高台(底)部分の切削。
既に上部は仕上がってるので傷つけず本体を保持するのが難しい。
今まではコールジョーや棗の口の部分に銅板などを巻き標準ジョーで固定してたがイマイチしっくりこない。

Novaにはプラスチック製のソフトジョーが用意されてるようだが売り切れて在庫がなかった。
そこで、木でジョーを作ることにした。
三角に切った木片をチャックに固定し旋盤で削りこんで加工。
出来上がったのが下の写真。

棗をセットしてみると、なかなか良さそう。
もう少し改良すれば、小口径のものから大口径の大棗まで、どんなサイズのものでも利用できそう。

早速、底を削ってみよう。

a0240985_7543659.jpg
木製ジョー

材はクルミ


a0240985_754437.jpg
横から見ると


a0240985_7544166.jpg
棗をセット
高台はまだ削っていない


a0240985_7543942.jpg
これから加工する棗

貴重な黒柿材、失敗しないようにしなければ
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-02-16 07:44 | 木工 | Comments(0)
棗用 黒柿材
棗用 黒柿材を購入した。

茶道で使う棗、自然の木の中では黒柿が最も好まれているように思う。
何故かわからないけど、皆さん、黒柿、黒柿。

今まで私が作ったなかで黒柿の棗は数個だけ。
材は機会ある度に求めるが割れが多く棗を作るほどのブロックは取れない。
手持ち材も底をついて次の見込みはなかった。

でも、欲しいという人も多いのでネットオークションはいつもチェック。
出ました、大量に。それも良いものばかり。
山陰の轆轤師が所持してたのが放出されたのだ。どれも数十年寝かされた轆轤には最適なもの。
少しぐらい高くても、と落札することにした。
その10本が入ってきた。チェックすると4本は割れがあり使えない。
4本は割れも有るけど何とか作れそう。
2本は最良、孔雀杢だ。
孔雀杢は黒柿の杢のうちで最も綺麗で貴重なもの、価格もぐんと跳ね上がる。
良い孔雀杢が手に入ったから4本のペケは仕方がないのかもしれない。

まだオークションには黒柿が出てる。
もう少し粘って追加仕入れをするつもり。

さー、春になれば棗作りに精をだそう。

a0240985_736461.jpg
孔雀杢
1本は完璧
もう一本も杢の部分が少ないが割れもなく使える


a0240985_736641.jpg
何とか作れる4本


a0240985_736070.jpg
大きな割れがあり棗は無理な4本
棗以外の物に使おう
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-02-15 07:40 | 木工 | Comments(0)
Tさんのケーキ教室で木皿が
Tさんのブログに木皿が使われてるのを発見。
お願いして写真を送っていただきましたので掲載します。

Tさんは徳島でケーキ教室をされてる。
平山由香さんのブログはよく見ておられたようで、木皿に興味を持たれ使っていただけることになった。
昨年秋のことだが、その後オリーブオイル講習にも来られお会いできた。
又、12月には「ガトーバスク」という美味しいケーキを平山さんからお裾分け頂いたこともあり、
時々メール交換させて頂いている。
木皿を通じて知り合うことが出来た素敵な方、これからも長く交流できたらと思っている。

木皿は何ヶ月も待って頂き、やっと今月初にお渡しすることができた。
それがブログに載ったのだ。
こうして、上手に使っていただけると、ほんと嬉しい限りです。

a0240985_7531457.jpg
ケーキ教室風景

木皿、うまく使われてて嬉しい

撮影はTさん


a0240985_7531782.jpg
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-02-14 07:54 | 料理 | Comments(0)
匙やフォーク
匙とフォークを作ってます。

今まで試作、改良を続けてきた各種カトラリー、形も決まってきたので、
少し纏めて作ることに。
まず、匙と2本爪のプティフォークに取り掛かることにした。
各々、20-30本づつ作ってみたい。

写真は材料から切り出した匙とフォーク。
水銀灯の下で撮ったので色が変、PCでホワイトバランスを替えてみたがイマイチ。

後で撮りなおしたのが下、あまり変りませんけど。

a0240985_7464788.jpg
水銀灯(工場)


a0240985_7464493.jpg


a0240985_8295784.jpg
蛍光灯(事務所)


a0240985_830083.jpg
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-02-13 07:50 | 木工 | Comments(0)
木工旋盤のチャック
木工旋盤用のチャックを購入。

棗を作るとき、蓋と身両方の加工をしなければならない。
チャックで木工旋盤に固定して削るが、一度チャックから外すと次にセットしたとき芯が微妙に狂い正確な切削が出来ない。
2個有るとどちらも付けたままで製作を進めることができる。
棗製作は家でやってるが、工場に木皿用旋盤を入れたため、家のチャックを持ち込んでいた。
この為、棗製作がやりにくくなっていたのだ。

先日、ネットオークションに欲しいチャックが出ていた。
新市販されてるものよりかなり安く、落札することに。
到着した物を見ると、メーカー名、製造国名の記述が全く無い、ちょっと怪しいものだった。
多分、有名メーカー品を模造した中国製だろう。
作りは粗悪ではないようで、まだ使ってないが問題なさそう。

少し暖かくなったら棗作りに取り組むつもり。

a0240985_6313873.jpg
中国製と思われるチャック
左:チャック本体
右:付属レンチ

木工旋盤用チャックにも色々種類がある
これは本体の六角穴にレンチを入れ回すと上面のジョーが開いたり閉じたりするタイプ
締め付け力が強く確実に固定できる

ジョーは色んな形状のものがあり加工する物に合わせ取り替え可能
付属は標準的な50mmジョー
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-02-12 06:32 | 木工 | Comments(0)
朝焼け
日の出が早くなってきた。

私の作業部屋、窓ぎわに机を置き、パソコンが置かれている。
ディスプレーの上は窓、朝早く起きると朝焼けが見える。
今日は快晴、雲がなく空のグラデーションが綺麗。

ここから撮る朝焼け、景色はいつも同じ、下は家ばかりだけど雲の変化は面白い。
これから日が出る位置もよくなっていくから楽しみが増える。

a0240985_6301458.jpg
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-02-11 06:42 | 写真 | Comments(0)
漆にかぶれた
漆にかぶれたようです。

今週日曜、顔がかゆくなった。
月曜には更に晴れ上がり、火曜、顔全面が火ぶくれ状態。
漆には極めて弱い私、漆の塗装は諦め使わないことにしていた。
で、最初、何にかぶれたのかわからなかった。

原因はこの棗。
数年前に作ったものだが、仕上げに拭漆をある方にお願いした。
それが出来上がってきたが、合口の仕上かきつ過ぎたようで、漆の塗膜が乗ったため、うまく閉まらない。
このままでは使えないので一度落とすことに。
で、研磨しました。でも、漆、完全に硬化してなかったのでしょう。
あくる日、腫れてしまったのです。

a0240985_19524764.jpg
縞黒檀 小棗

まだ完全に落とせてない漆
合口ももう少し研磨したい

でも、又かぶれるのではと怖くて出来ない

冬は漆塗装には良くない季節
漆の硬化には湿度とが必要
乾燥した冬は早く硬化しないのだ

このまま春まで放置した方が良さそう
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-02-10 20:05 | 木工 | Comments(0)