2回目のケーキ作り
前に作った始めてのケーキ、再度挑戦。

前回、うまく行かなかったところはあらかた判った。それをクリアーしようと、道具も材料も少し変えた。

材料はレシピに出来るだけ忠実にそろえる。

道具は卵黄に火を通す温度80度を知るため温度計を。これは染色に使用したのを流用。

型も新しくした。

生クリームの泡立てはハンドミキサーが無いので手で。疲れたー。
(後で20年前のハンドミキサーが有ると知ったが後の祭り)

出来ました。前よりズーと上出来。味も上々、上品な味になった。

a0240985_1985541.jpg
今回新に作りなおした型

展開したところ


a0240985_1985286.jpg
組み立てたところ


a0240985_1984815.jpg
一晩冷蔵庫で冷やした

型は紐で縛ってある


a0240985_19115216.jpg
木皿:栗18cm
フォーク:シャム柘植
# by yoshihiko1520 | 2012-04-07 19:14 | 料理 | Comments(0)
棗の塗装
前に書いた、漆でかぶれた棗、再塗装できずに置いたままだった。
そろそろ、仕上にかかりたいけど、又、かぶれるのが心配で手をつけずにいる。
手袋して研磨してみるかな。

a0240985_8193418.jpg
写真を撮るため触るのもこわごわ
# by yoshihiko1520 | 2012-04-07 07:23 | 木工 | Comments(0)
カトラリー、木皿のメンテナンスオイル
先日UPした木製品の仕上オイル、小分けして利用いただいている方にお分けすることにした。
見本として届いた容器、なかなか感じが良い。きっと中身より高価で高級化粧品みたい。
内容量は約10g、メンテナンスには良い量だろう。

a0240985_1632287.jpg
左:たっぷり用意した仕上オイル
  クルミオイル+紅花油+蜜蝋  クリーム状
  これからの仕上はこのオイルを使う

  上にあるのは薬味ベラ
  小分け容器に詰めるのに活躍、ピッタリだ

右:小分容器
# by yoshihiko1520 | 2012-04-06 16:43 | 木工 | Comments(0)
ツゲシリーズのカトラリー
シャム黄楊で作ったカトラリー、なかなか評判が良い。
実際、自分で使ってみても他の材(桜やカエデなど)と比べて滑らかで口当たり良く、一度使うとこちらに傾く。
HTSオーナーさんの要望もツゲ、手持ち材は少ししか無いがもう少し作ることにした。

前の日曜、HTSへ持参したカトラリーが弘屋さんのブログに載っていた。

a0240985_744192.jpg
製作中のツゲシリーズ

左:匙(加工中)
今回、スプーン部分のえぐりを少し深くした

中:ヨーグルトスプーン(加工中)

右:フォーク(ほぼ出来上がり)
# by yoshihiko1520 | 2012-04-06 07:44 | 木工 | Comments(0)
フォークの修理を預かった
昨年から作り始めた木のカトラリー、一番多く使われているのが平山由香さんの料理教室
ここで使いながら、使い勝手、デザインなどの検討をしている。
今回、フォークの裏面を改良することにしたので、全てを預かった。

見るとどのフォークも使用感がかなりあり、特に初期の作には毛羽立ちが多い。
使い、洗ってるうちに油分が抜け荒れてくるのだ。
細かなペーパーで毛羽立ちを取りオイルを拭くことで復旧できるが、出来ることなら長く毛羽立たないようにしたい。

それには木固めエースで下地を堅固にすることが一番と考えている。
やはり木製カトラリーには入念な下地処理は必要だろう。
a0240985_855468.jpg
回収したフォーク
結構本数あるものですね


a0240985_855191.jpg
左:最新作 ツゲ材
  さすがに滑らか 毛羽立ちも無い

右:中:初期から使ってる桜材
     毛羽立ちが目立つ
     形もいまひとつビシッとしない
# by yoshihiko1520 | 2012-04-05 07:53 | 木工 | Comments(0)
サッチーネの棗
サッチーネの棗、3個が完成した。

製作中、割れを繰返しなかなか出来なかったサッチーネの棗、やっと3個ができた。
この材、硬くてキャッチ(木工旋盤の刃物が木材に食い込むこと)することも多く割れやすい。
それが怖くて削り込み不足でちょっと重め。
でも、サッチーネは好きな材、これからも作って行きたい。
でも、でも、赤の綺麗な材、少なくなってきてるようで良い材が手に入るか??
a0240985_8355194.jpg

大きさは少しづつ違う

仕上は今回から少し変った
木固めエースで導管をしっかり塞ぎ研磨
最後はカルナバ+蜜蝋+クルミオイルのワックスで磨きこむ
しっとりとした艶で良い感じになった
# by yoshihiko1520 | 2012-04-04 07:53 | 茶道 | Comments(0)
豊中のワインショップ HTS
日曜日、豊中のワインショップHTSへ行った。
北新地のワイン ビストロ バー 弘屋さんのオーナーが自宅を改装したショップだ。
ここ、普通の酒屋とはちょっと違う。
日本酒の立ち飲み酒屋スタイルでワインを飲める店だが、雰囲気は全く違っておしゃれ。
感じの良いテーブルと椅子がゆったり配置され、隣の席を気にすることもなく話ができる。
ここで、試飲用のワインを頂く。
おつまみ代わりの簡単な料理が少し、どれも美味しい。

雰囲気が良くて思った以上に長居してしまった。
オーナーおまかせのスパークリング、白、赤、と3杯頂いて良い気分に。
軽いおつまみだけだったのでおなかは満腹にならなかったけど楽しかった。
どれも美味しく、良いスペースで、そして値段はリーズナブル。
こんな店、夙川あたりに有ればいいのに。

菅沼さん、夙川に引越ししませんか。

a0240985_7472884.jpg
店に入ると正面にワインセラーが
高そうなワインがずらりと並ぶが、良く見るとリーズナブルなものも


a0240985_825685.jpg
店で遊ぶオーナーのお子さん

お客さんの中にも赤ちゃんを連れた人もいた
子連れでワイン、それも有りという雰囲気

写真、2枚ともゆがんで撮れてる
酔ってたのでしょう
# by yoshihiko1520 | 2012-04-03 08:09 | 料理 | Comments(0)