糸の準備
組紐を組むための前作業、糸の準備です。

東京から送っていただいた糸、組紐の太さ確認のための試作。
今回は60本x4で組み太さをチェック。
予想、ちょっと太めか?

a0240985_7275815.jpg
4組の糸束
1組 60本  x  4
長さ 常緒用 85cm



a0240985_7281243.jpg
組玉に巻いたところ
糸にはすこし撚りをかけて

組玉、初期のころ組む作業をわかり易くするため2色に
錘も増やしたり、番号をふったり色々改造
なのでブサイク
でもこれが私流
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-01-29 07:33 | 仕覆 | Comments(0)
2006年の長野 冬
2006年の冬、この年も今年同様、雪の多い年でした。
2月10日前後の写真です。

a0240985_1571027.jpg
近隣の山小屋
2階建てがすっぽり雪の中


a0240985_1511499.jpg
かろうじて窓は無事


a0240985_159896.jpg
木影が縞模様を描きます


a0240985_15115357.jpg
野沢といえば外湯
大湯の内部、
だれもいなかったのでパチリ
もちろん、この後入りました


a0240985_15124049.jpg
飯山は寺の町
駅ホームに鐘楼が
屋根には雪がどっさり
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-01-28 15:15 | 写真 | Comments(0)
野沢近況
野沢の山小屋、大雪の情報で友人が緊急雪下ろしに。
1/24-1/27の写真が送られてきました。

後の事を考え、下の雪も遠くへ運び処理してくれたようです。
これなら屋根の雪も落ちやすく、次に行く人はちょっと楽できそう。
相等重労働だったと思います、加茂さん、お疲れ様。

a0240985_61249.jpg
雪下ろし完了



a0240985_612766.jpg
1/27帰る日の猛吹雪
又、大量に積もりそう
玄関の上屋、この雪が心配
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-01-28 06:10 | その他 | Comments(0)
経尺
組紐を作る前の準備、次は経尺です。
へいじゃく と読みますが、糸の長さと本数を決める作業を言います。

通常の茶入の仕覆用緒の場合、50#絹ミシン糸程度の太さなら50本くらいを4組準備せねばなりません。
簡単には板に釘を2本打ちつけ、それに絹糸を本数分巻付けて数と長を決めます。
簡単な経尺台
でも、この方法、結構面倒。
で、私は写真の毛糸用糸巻き器を利用。
ちょっと改造してカウンターを取付け、何回廻したか判るように。
カウンターが無いと、途中で何回か判らなく成るときがあるのです。
やっぱりカウンターは必要。これで、短時間で糸の用意ができます。

a0240985_1853969.jpg
後ろの赤いのがカウンター
おもちゃの縄跳びカウンターを切断して取付

糸巻き器の伸縮で糸の長さ調節可能

もちろん、木製台は自作
簡単に作ってるので綺麗ではないです


a0240985_20192222.jpg
横から見ると

糸巻き中央のたこ糸は長を決めるため


a0240985_20192492.jpg
カウンター部分
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-01-27 18:58 | 仕覆 | Comments(0)
最近の作陶
昨年5月、滴翠美術館での作品展以後、陶芸作品の製作はすごく少なくなった。
木皿の製作に力を入れたこともあるが、次の目標が見えずモチベーションが上がらないのが原因。
でも、少しづつではあるが続けてます。
気まぐれに作るのは、やはり茶入と茶碗。
今回、茶碗を轢いてみた。
私の好きな、穏やかで気張らないかたちと色に仕上げたい。
さて、これはそう成ってくれるのでしょうか?


a0240985_625465.jpg

大きいのは高台少し削り過ぎ
後でつぶすかも

他はちょっと小さいかな
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-01-27 06:12 | 陶芸 | Comments(0)
24本のスプーン
最近作り続けているキュイエールデザインのスプーン、後半12本が出来上がりました。

上:前回作った 山桜
下:今回製作 アメリカン ブラック チェリー
どちらも12本一度に作り、どの程度揃えることが出来るかが課題。
1本のみの製作では、形を揃える必要がなく気楽に作れるけど、
セットにすると不揃いの形が気になり、揃えるスキルが必要になります。
今回もスキル アップ トレーニング。
だいぶコツがわかってきました。

さて、この中から何本セットが可能になるか?

a0240985_18463718.jpg
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-01-26 18:53 | 木工 | Comments(0)
糸の巻き取り
緒を組むための下準備。

絹糸、通常「かせ」の状態(前の写真参照)で売られている。
このままでは使えないので糸巻きに巻き替えます。これが難関。
カセクリ器を使い、もつれないよう丁寧に巻き取っていく。
糸巻きは木製もあるが場所を取るので私は紙筒利用。

a0240985_7375214.jpg
市販カセクリに
カセ糸をセットしたところ
台は自作


a0240985_738449.jpg
毛糸巻取り器を利用して
紙筒に巻き取る
[PR]
# by yoshihiko1520 | 2012-01-26 07:45 | 仕覆 | Comments(0)