平山由香さんのレシピでカルボナーラ
今日の夕食はカルボナーラ。
NHKきょうの料理に載ってた平山由香さんのレシピ。
実はこれ日曜日にも作ってみたので2回目。
昨日テレビで見て又作りたくなったのだが、昨日の今日、今回ははバッチリ、ほんと美味しかった。
でも、我が家の近くのスーパー、あんなに太いアスパラガスは売ってない。
やっぱり下町は駄目なんでしょうか。

a0240985_191108.jpg
皿:自作陶器  黒釉+白鳳釉

フォーク:山桜
# by yoshihiko1520 | 2012-03-08 19:07 | 料理 | Comments(0)
癖がついた仕覆 4  底を付ける
いよいよ底付け。
今回、底の縫い方を少し変えた。
Muuさんからアドバイス頂いた丸く納めるためのノウハウを取入れ。
やってみたが、これが効果あるのかはまだ確認出来ていない。もう少し続けて様子をみたいと思う。

a0240985_844320.jpg
底部分
輪宝紋の位置が偏ってしまった
ちょっと失敗


a0240985_843888.jpg
上部を少し絞ってある


a0240985_844795.jpg
裏地に入れた茶入を入れてみると

正目


a0240985_845021.jpg
横から見ると
# by yoshihiko1520 | 2012-03-08 08:06 | 仕覆 | Comments(0)
読売新聞の記事中にスプーンが写ってる
本日、3月7日の読売新聞朝刊に平山由香さんの記事が載った。

冷凍保存についてのインタビュー記事だが、その中の写真にスプーンが写ってるということで、早速新聞を購入。
写ってました、写真が小さくスプーンも部分だけど色の違う2本が。
どちらも同じ材ではないと思うが、いったいこの材、何だったのか? 
カバ? アメリカンチェリー? 判断できません。
   翌朝追記、白いのはツゲでした。

記事の内容、まだじっくりとは読んでないけど、とても良さそう。
料理好きの人には参考になると思う。

この写真を撮ってる様子が平山さんのブログに出ている。
暮らしのメモ帳 をご参考に。
他のスレッドも楽しいですよ。私は大のファン。

a0240985_12115128.jpg
記事の全体


a0240985_12115361.jpg
スプーンの写ってる写真部分
# by yoshihiko1520 | 2012-03-07 12:24 | 料理 | Comments(0)
癖がついた仕覆 3 表地の型
新しい型で裏地を縫ってみて、収まりが良かったので表も製作。

a0240985_7525667.jpg
新しい型紙でマーキング

紙型の上部分を縫い寄せることで
茶入に沿わせようとしている


a0240985_7525950.jpg
切断した2枚の表地


a0240985_753169.jpg
ダーツ部分の縫い


a0240985_753373.jpg
2枚を縫い合わす

この後反対側を縫うと表の縫い完了
# by yoshihiko1520 | 2012-03-07 07:53 | 仕覆 | Comments(0)
木皿 久しぶりの完成
久しぶりに木皿を作った。

作ったのは1枚だけ、胡桃材。
クルミの木目は落ち着いて感じが良い。
昔はブラックウォールナットが好きだったが、最近は普通のクルミの方が好みに。

a0240985_12401668.jpg
今日仕上がった木皿とスプーン

Cuillere style
木皿:クルミ材

ヨーグルトスプーン:
アメリカン ブラック チェリー
# by yoshihiko1520 | 2012-03-06 12:41 | 木工 | Comments(0)
癖がついた仕覆 2 裏地仮縫い
上を絞った型紙で裏地を縫ってみました。

中に茶入を入れて口を絞ってみたところ納まりは良さそう。
このやり方で表も続けることに。

a0240985_19465985.jpg
裏地 正面から


a0240985_1947215.jpg
裏地 側面から

上を絞った分、くびれ部分の収まりは良さそう
# by yoshihiko1520 | 2012-03-05 19:51 | 仕覆 | Comments(0)
癖がついた仕覆 1
数年前に作った仕覆、使ってるうちに形が崩れてきたので修理依頼があった。

瓢箪型の茶入で、くびれたところの沿いが悪くちょっとぶさいく。
修理するより新しく作った方が良さそうなので替仕覆を作ることにした。
前は胴の一番太いところから上はまっすぐ断ち、緒を括っただけで締めていたが、
これでは胴のくびれを処理できないので、今回はこの部分にダーツを入れようと思う。

a0240985_740139.jpg
仕覆前面

胴の上、ぶかぶかしてる

市販緒を使用したのでちょっと長い
次作は別編みでぴったりに


a0240985_7401588.jpg
側面


a0240985_7401940.jpg
備前瓢箪茶入
3年くらい前、備前に行き作った茶入

出来たとき、肌はガサガサだったのに
使い込まれてツルツルになっている
帛紗で磨かれたのでしょう
# by yoshihiko1520 | 2012-03-05 07:48 | 仕覆 | Comments(0)