人気ブログランキング |
仕覆教室でケーキ作りを教わった

毎月1回の仕覆教室、今月は料理家平山由香さんのお宅ですることに。

2階に料理教室用のキッチン、その横に広い居間があり素敵な家。
せっかくだからと仕覆を始める前にケーキの作り方を教わることになった。
私は料理には加わらず写真を撮るのと聞くほうに。
平山先生はすごい、説明もわかりやすく、要点、材料の選び方など的確に説明しながら進めていく。
仕覆作ってるときとは全然違いますよー、やっぱり料理に対する姿勢は半端じゃないですね。

ケーキ製作後はいつもの仕覆教室、黙々と作り続け、疲れてもうこれまでという最後にケーキとお茶。
美味しいー。毎回これだと最高ですね。

ケーキを食べながら、「次回は今日のケーキを作ってきて」と宿題を出された。
物作りが趣味 と公言してるので、無下に出来ないとは言えないし、、、
でも、ハードルが高い、それに陸上のハードルみたいにいっぱい並んでる。
まず、我が家にはケーキ作りの道具、用具、何もない。
作り始めると解らないこともいっぱい出てきそう。
さてさて、出来るのでしょうか?

仕返しに、仕覆の宿題、いっぱい出しとけばよかった。

a0240985_6232147.jpg


a0240985_6233358.jpg


a0240985_624438.jpg


a0240985_10584145.jpg
冷蔵庫に2時間、
仕覆の終わるころには食べごろに


a0240985_10583145.jpg
おいしいー
白ワインの味や香りも加わって
もっと食べたくなってくる

仕覆やってて良かったー
# by yoshihiko1520 | 2012-03-19 06:24 | 料理 | Comments(0)
大匙の試作
今取り組んでるカトラリー、Cuillere styleの匙、スプーンなどかなり種類も増えてきた。
でも、大きなスプーンが無い。スープやカレーに使えるスプーンが欲しいと前から思っていたので試作することに。
この大きさになると、木製の場合厚みがあり、口に入れたときの感触が問題だと思っていた。
そこで、極力薄くすることにした。
形は取敢えずオーソドックスなもので。
製作中から感じたが軽い。まだ、オイルを塗っただけの仕上だがこれならいけるかも。

明日、我が家はハヤシライスのはず。早速使ってみたいと思う。

a0240985_9325716.jpg
左:大匙  アメリカンチェリー

右:ヨーグルトスプーン  カバ
# by yoshihiko1520 | 2012-03-18 09:25 | 木工 | Comments(0)
茶入の牙蓋と金箔貼り
前に削った牙蓋(象牙の蓋)、仕覆を作るため金箔貼りを後回しにしていたが、昨夜完了。

牙蓋の裏には金箔を貼るのが決まり事。
通常、和紙に金箔を貼ったものを貼るのだか、私はこれが苦手で今までは直接金箔を貼っていた。
でも、和紙に貼ったものの方が茶入の口へのあたりも柔らかく、みんなこの方が貼りやすいという。

そこで、今年になってからは出来るだけ金箔紙を使って貼ることに。
初めは失敗続きだったが、慣れてきたのか少しうまく貼れるようになった。

a0240985_2072331.jpg
牙蓋


a0240985_2072695.jpg
裏の金箔(本金)

この写真、昨日iPheonで撮ってみたが
照明の蛍光灯とホワイトバランスが合わないのか色が変
それで先ほど、ソニーα55+50mmマクロで再撮影
今度は自然に撮れた

iPheon、写真が綺麗というが、まだまだ苦手もあるみたい



a0240985_7385386.jpg
iPheonの写真はこれ


a0240985_2073082.jpg
肩衝茶入:穴窯 自然釉


a0240985_2073135.jpg
仕覆:糸屋輪宝紋
# by yoshihiko1520 | 2012-03-17 20:10 | 茶道 | Comments(0)
かせくり器の改造 カウンター付き台の完成
オーダーを受けていたカセクリ器に回転数カウンターを付ける作業が完成した。
a0240985_85944.jpg
全体

台座は取り外し可能、裏からビス止め
台座の上座って回すと台が動かない


a0240985_851232.jpg
カウンター部分
カセクリが1回転するとカウンターの数値が1上がる


a0240985_851610.jpg
カウンター部分拡大

JAの貯金魚縄跳びカウンター部分を利用
ボタン電池は裏蓋を外さなければ交換できないので
両面テープで固定してあるだけ


a0240985_851424.jpg
カセクリに糸をかける為の爪
# by yoshihiko1520 | 2012-03-17 08:12 | 木工 | Comments(0)
シャム黄楊のカトラリーが出来た
シャム黄楊材を使ったカトラリーが出来た。

ツゲの加工は気持ちがいい。まるで象牙を削っいるようだ。
どこを削っても逆目がおきにくく滑らかに仕上がる。
今まで使った材種のなかではピカイチの滑らかさ。

a0240985_18542064.jpg
今回作ったのはこの3種、各2-3本づつ

私にとってツゲは特別な材
細部まで丁寧に磨きあげた


a0240985_1854227.jpg
前に作ってたスプーンや薬味ベラとあわせて

次はどの形が仲間に加わるのか?
# by yoshihiko1520 | 2012-03-16 18:59 | 木工 | Comments(0)
仕覆本と一緒に送られてきた糸
前に書いた仕覆の写真集と一緒に送られてきた糸がこれ。
ほんとはこちらがメインなんですけど、重さで負ける。

a0240985_18531438.jpg
仕覆用の緒に使う絹糸、濃い紺色が欲しくてMuuさんにお願いした
一緒に送られてきたのは4色
どれも渋い色合いで近いうちに使ってみたいと思う
一番早く使われるのはやっぱり希望しtた紺でしょうか
# by yoshihiko1520 | 2012-03-15 18:59 | 仕覆 | Comments(0)
webマガジンに平山由香さんの記事が、そして木皿とカトラリー
関西電力のWEBマガジン、EEIE(ええ家)に平山由香さんの記事が載った。
トレーの使い方を提案したものだが、この中で木皿やカトラリーが。

写真はWEBマガジンからコピーさせていただいた。(無断だけど、リンク入れますので許して、おねがい)
Vol.036 お手本にしたい! 鮮やかな色を効かせたテーブルコーディネイト
下の写真をクリックしても行けます。
a0240985_19462040.jpg
この記事、写真が多く使われてるが、どの写真もすごく綺麗。
そして小さな画像はクリックすると大きな画像に変わり、細かなところまで見やすくなる。
自分の作った作品が、こうして美しく写されてるのを見るとほんと嬉しいものだ。

それから、記事は3ページで構成されてますのでお見逃しなく。
下の 前の記事を読む  次の記事を読む で移れます。

念のために
2ページ目

3ページ目
# by yoshihiko1520 | 2012-03-14 19:53 | 料理 | Comments(0)