人気ブログランキング |
木工旋盤のチャック
木工旋盤用のチャックを購入。

棗を作るとき、蓋と身両方の加工をしなければならない。
チャックで木工旋盤に固定して削るが、一度チャックから外すと次にセットしたとき芯が微妙に狂い正確な切削が出来ない。
2個有るとどちらも付けたままで製作を進めることができる。
棗製作は家でやってるが、工場に木皿用旋盤を入れたため、家のチャックを持ち込んでいた。
この為、棗製作がやりにくくなっていたのだ。

先日、ネットオークションに欲しいチャックが出ていた。
新市販されてるものよりかなり安く、落札することに。
到着した物を見ると、メーカー名、製造国名の記述が全く無い、ちょっと怪しいものだった。
多分、有名メーカー品を模造した中国製だろう。
作りは粗悪ではないようで、まだ使ってないが問題なさそう。

少し暖かくなったら棗作りに取り組むつもり。

a0240985_6313873.jpg
中国製と思われるチャック
左:チャック本体
右:付属レンチ

木工旋盤用チャックにも色々種類がある
これは本体の六角穴にレンチを入れ回すと上面のジョーが開いたり閉じたりするタイプ
締め付け力が強く確実に固定できる

ジョーは色んな形状のものがあり加工する物に合わせ取り替え可能
付属は標準的な50mmジョー
# by yoshihiko1520 | 2012-02-12 06:32 | 木工 | Comments(0)
朝焼け
日の出が早くなってきた。

私の作業部屋、窓ぎわに机を置き、パソコンが置かれている。
ディスプレーの上は窓、朝早く起きると朝焼けが見える。
今日は快晴、雲がなく空のグラデーションが綺麗。

ここから撮る朝焼け、景色はいつも同じ、下は家ばかりだけど雲の変化は面白い。
これから日が出る位置もよくなっていくから楽しみが増える。

a0240985_6301458.jpg
# by yoshihiko1520 | 2012-02-11 06:42 | 写真 | Comments(0)
漆にかぶれた
漆にかぶれたようです。

今週日曜、顔がかゆくなった。
月曜には更に晴れ上がり、火曜、顔全面が火ぶくれ状態。
漆には極めて弱い私、漆の塗装は諦め使わないことにしていた。
で、最初、何にかぶれたのかわからなかった。

原因はこの棗。
数年前に作ったものだが、仕上げに拭漆をある方にお願いした。
それが出来上がってきたが、合口の仕上かきつ過ぎたようで、漆の塗膜が乗ったため、うまく閉まらない。
このままでは使えないので一度落とすことに。
で、研磨しました。でも、漆、完全に硬化してなかったのでしょう。
あくる日、腫れてしまったのです。

a0240985_19524764.jpg
縞黒檀 小棗

まだ完全に落とせてない漆
合口ももう少し研磨したい

でも、又かぶれるのではと怖くて出来ない

冬は漆塗装には良くない季節
漆の硬化には湿度とが必要
乾燥した冬は早く硬化しないのだ

このまま春まで放置した方が良さそう
# by yoshihiko1520 | 2012-02-10 20:05 | 木工 | Comments(0)
野沢 その後
数日前、野沢の写真が送られてきました。
小屋へ雪下ろしに行った仲間から、近隣の小屋です。

これだけ雪に埋もれたら、中へ入るのもちょっと怖い。
だいいち、入口が見つからない、どうやって入るのか?

a0240985_7455093.jpg
# by yoshihiko1520 | 2012-02-10 07:48 | 写真 | Comments(0)
棗の仕上
今、塗装にかかってる黒柿棗。

漆に弱い私、漆ではなく別の塗装、オイルフィニッシュ塗料+カシュー塗料で仕上げることに。
これだと極薄い塗幕を作ることができるので、漆以上に木の質感を出せると思う。

この棗も2回塗ったが合口(身と蓋の重なり部分)の調子が少しきついので、
400-800-1200#とサンドペーパーで調整中。
棗の製作では合口の出来上りに一番気を使う。きつく無くゆるく無く、気持ち良い使いごこちに持ち込みたい。
a0240985_1959451.jpg
合口の部分だけペーパーを当てたので白っぽい

私の調整方法
身の立ち上がりに白墨を塗り、蓋をして廻すと蓋に白い粉が付く
その部分にペーパーかけ
次に蓋にも白墨をつけ身を廻して白くなったところをペーパーかけ
これを全くひっかかりが無くなるまで繰り返す
# by yoshihiko1520 | 2012-02-09 20:13 | 木工 | Comments(0)
木皿 最後は焼印
焼印を押す

出来上がった木皿、最後にするのが焼印押し。
焼印を押すのは最終チェックで選んだものだけ、跳ねたものには押しません。

押す位置は裏面、高台中央に、fu+Cuillere の文字です。
デザインはモーネ工房 井上由季子さん、有名なグラフィック工芸家、この木皿用にと特別にデザインしてくださいました。
Cuillereは平山由香さんの料理教室の名前、フランス語で匙だそうです。
fuは私の頭文字。

さすが違いますね。押すと木皿はぐんと良くなります。

a0240985_7455134.jpg
左:焼印電気コテ


a0240985_7455382.jpg
焼印を押すと


a0240985_86873.jpg
完成した木皿たち
# by yoshihiko1520 | 2012-02-09 07:51 | 木工 | Comments(0)
フォーク製作中
ただ今、フォーク製作中。
今回はちょっと量が多く、約30本の予定。
材種はアメリカンチェリーと山桜。
良い木目が出てくれると良いのですが。

a0240985_17124797.jpg
切り出して爪の部分に切り込みを入れたところ
これから形を整えます

右端は出来上り見本
# by yoshihiko1520 | 2012-02-08 17:16 | 木工 | Comments(0)