タグ:陶芸 ( 52 ) タグの人気記事
箱入り
片付けをしてると、
出てくる出てくる箱入りの茶入や茶碗。
場所とるわー。
引っ越ししたらどこへ入れるか。
それより誰かにあげて減らす方が良いかも。

a0240985_08302704.jpg


まだまだある











by yoshihiko1520 | 2019-01-24 08:34 | 茶道 | Comments(0)
立杭へ part4
立杭といえば陶芸、作陶体験が出来ました。
雅彦さんの窯では、今は作陶教室はしてないそうです。
今回特別にご指導いただきました。
皆さん思い思いに1kgの土を使います。
私は手びねりの茶碗と茶入を。
けど、時間が少ない、せめて半日欲しかった。
さて、どんなものが出来上がってくるのか?

a0240985_07414672.jpg














by yoshihiko1520 | 2018-12-11 07:42 | 陶芸 | Comments(0)
立杭へ part3
盛りだくさんだった立杭への遠足。
陶芸美術館で河井寛次郎展
市野雅彦氏窯元ツアー
お茶会
作陶
市野信水氏窯元ツアー
夜のケイタリングパーティ
いったいどれがメインだったのでしょうね。

お茶会は
雅彦さんのギャラリーで。
ここは板の間、なんと和紙を貼ってあるのです。
真理さんのお点前で美味しいお茶を頂く。
お菓子にシュトーレンが入ってたのも驚きでした。
お一人で全員分点ててくださいました。
すげー、お疲れさまでした。
もうひとつの驚き、使われた釜は信水さん作の陶器なんです。
説明されるまでわからなかった。

a0240985_07413876.jpg
















a0240985_07412244.jpg
















by yoshihiko1520 | 2018-12-10 08:00 | 陶芸 | Comments(0)
立杭へ part2
市野信水さんと市野雅彦さんはご兄弟、そっくりなんです。
お兄さんの信水さんは立杭の代表的な茶陶作家で、初代のお父さんを継がれた2代目。
雅彦さんはまた違った世界へ。
1995年に日本陶芸大賞を得た日本一の陶芸家、ユニークな作品が並びます。
今回、お二人の作品をいっぱい見れて、話しもたっぷり聞けました。
すぐご近所で、敷地は広大。
緩やかな自然林の中に何棟もの建物があります。
雅彦さんの建物は特にユニーク。
古いのか新しいのかわからん世界で、うまく説明出来ないけどすばらしい。
また行きたいですねー。

a0240985_08233448.jpg




昼と










a0240985_08240861.jpg
















a0240985_08421991.jpg


別棟から





















by yoshihiko1520 | 2018-12-09 08:43 | 陶芸 | Comments(0)
立杭へ

昨日の金曜、陶芸家市野信水さんと雅彦さんを訪ねて立杭へ。
以前から行こうと話が出てた念願かないました。
それにしても中身の濃い一日で、良いメンバーにも恵まれとてもとても良かった。
まずは後半夜5時半からのケイタリングパーティから紹介。
ご近所のスペイン料理シェフの美味しいディナーです。
部屋の隣はプロ仕様のキッチン、次々出されるこだわりの料理は斬新な雅彦さんの器に盛られて。
まさに驚きでした。
居心地良すぎて、帰宅したのは日が変わる直前でしたね。
お世話頂いた真理様、ご一緒頂いた皆様、雅彦様、信水様、ほんとありがとうございました。
昼の部は後程UPします。

まずは料理から

a0240985_10025462.jpg















a0240985_10050877.jpg
















a0240985_10024732.jpg
















a0240985_10024912.jpg
















a0240985_10025100.jpg
















a0240985_10025648.jpg
















a0240985_10025944.jpg
















a0240985_10030525.jpg
















a0240985_10030816.jpg
















a0240985_10031045.jpg
















a0240985_10031232.jpg
















a0240985_10031559.jpg
















a0240985_10032234.jpg
















a0240985_10032493.jpg
















a0240985_10032964.jpg
















a0240985_10033109.jpg
















a0240985_10033477.jpg
















a0240985_10033702.jpg
















a0240985_10033941.jpg















by yoshihiko1520 | 2018-12-08 09:59 | 陶芸 | Comments(0)
スゲ蓋の芯
振り出しの菅蓋、芯を削りました。
材は桐、これなら柔らかくてペーパーで落とせるので太さの調整も簡単。
もうすぐ連休なので、その間に仕上げましょうかね。

昨日、滴翠美術館からメールが。
5月から始まる網袋教室、4名の申し込みがあり定員に達したそうです。
それまで、2名だけだったので今回は定員割れかなと思ってましたが、
これで、仕覆と網袋、どちらも教室を始めて以来、ずーっと満席。
嬉しいですね。
がんばろー。

a0240985_07183863.jpg
右3つは陶芸仲間から芯だけ頼まれてたもの

左2つは自分のです














a0240985_07184701.jpg
芯の裏

1個割れてしまったけど接着して使います












by yoshihiko1520 | 2017-04-26 07:24 | 木工 | Comments(0)
磁器の金継ぎ、もう一つ
預かってるもう一つの金継、ポットの欠けです。
場所は口の先端。
これは難易度高そうです。
熱湯が毎回流れていく場所、きっと繋いだ部分はもたないでしょうね。
事実、前にも金継ぎで補修されてたそうで、取れてしまってます。
いっそ、ダイヤモンドカッターで口を短くしてしまったら、、、なんて思ったりして。

でも、金継ぎ、金継ぎ。

a0240985_07480770.jpg


















a0240985_07481496.jpg

















by yoshihiko1520 | 2016-11-09 07:51 | 料理 | Comments(0)
ウレタン塗料を使った金継ぎ
カシュー塗料で金継ぎをやってみたら、匂いがかなりきつい。
乾燥してからもしばらく匂うのでこれもちょっといや。

で、もう一つの方法とウレタン塗料でやってみた。
使ったのは水性ウレタンニス、食品衛生法にも適合してるので安心でもある。

やってみるとなかなか使いやすい。
水性なので筆洗いも楽ですしね。
仕上がりもカシューと変わりないみたい。

漆の代用はこちらですかね。
あとは耐久力だけど。

今度は本物の金粉でやってみたい。

a0240985_07140206.jpg
2種類の塗料


















a0240985_07140562.jpg
ウレタン塗料での金継ぎ

















a0240985_07140705.jpg
金継ぎ前の割れ


by yoshihiko1520 | 2016-09-19 07:24 | 木工 | Comments(0)
網袋の教室が始まった
だいぶ前から計画していた滴翠美術館での網袋教室。
いよいよ始まりました。
昨日は初日、仕覆に来てくれた6名の方でスタートです。

今回は、まず前日作ったケーキを食べてから。
その方が緊張もほぐれて和やかにできるかなと思ってですが。
で、ここまでは良かったのですが、、、

進めていくと、5人は問題なし順調。
が、お一人、糸の長が足りない、用意した糸、ちょっと短かったみたい。
予備の糸に取り換えてなんとか進める。
糸の準備はしっかりやっておかんといかんですね。
その後、時間まで進めて、少し宿題を出して初日終了。

帰ってからしばらくすると、その方からメールが。
宿題をやっていくと、糸が4本足りなとのこと、
28本用の筒を渡してしまったようで、これもこちらのミスでした。
なんで同じ方へのミスが続くのですかね。

もう一度糸準備して渡すことにしました。
Kさん、すみませんねー、今までのは練習用ということで。

さー、今日は糸撚らなくては。

a0240985_05482358.jpg
6人で



















a0240985_05483103.jpg

糸を縛っていきます

















a0240985_07223412.jpg

ケーキはこれ













by yoshihiko1520 | 2016-05-29 06:20 | 仕覆 | Comments(0)
初製作は茶巾筒の網袋
2日の集まりが終わったので、製作解禁です。

なんで?
8帖の和室、製作用の材料や道具の物置になってて、片付けしてしまったので何も作れない。
又、物置に復帰、これで作れます。

初製作は網袋、絹の手まり糸を手に入れたので使い物になるかテストです。

a0240985_06100867.jpg
絹のてまり糸
一巻き10m














a0240985_06101423.jpg
70cm、24本に切って

筒にセット

編みはじめます




















a0240985_06102117.jpg
急がないからボチボチと

撚りが弱いこの糸
取り扱に注意が必要です

柔らかくって手触りは良いです

つがり糸を通すところの強さがちょっと心配













by yoshihiko1520 | 2016-01-04 06:15 | 仕覆 | Comments(0)